駆け引きが大事

新車で購入した車は、とても大事に乗るのですが、ある程度の年数が来ると考える時があります。
それが、来年車検だということを認識したときです。
車検を通さずに中古車センターに売るのであれば、値段もそれなりに高く取ってくれます。
また、欲しい車を見つけた際には、そちらへと移行したいと考えた時、やはり車の買い取りを考えます。
とにかく、車検を通すか通さないかが車を持っている人の決めどころということでしょう。
車もある程度走ったら飽きるという人もいますし、またガソリンの燃費のことを考えれば、乗り換えたいと思うからです。
そんな自分は、車を使用して結構走るタイプです。
新車で購入した車だけど、来年が車検ということでどうしょうかと考えていました。
走行メーターを見れば、2年でかなり運転している距離です。
売るなら今がその時かもしれないと思ったときに、前から欲しいハイブリッドカーを見つけてしまいました。
中古車ですが、手頃値段です。
そこで、現在乗っている車を査定してもらうと、48万円でした。
違う中古車センターでは、50万円を超え、さらにまた越してきたのです。
そこで、中古車の買取の駆け引きをしたのです。
少しでも自分の今の車を高く取ってほしいし、また購入する車をちょっとでも安価にしたいことから、値切り交渉と中古車センターとその中古車の買い取りの駆け引きを開始しました。
駆け引きをすること、お互いの中古車センターも引きません。
結果、6万円アップになり、そこで交渉成立しました。
これ以上は自分でも無理だし、相手も引いてしまうだろうという線引きをしたのです。
買う側だからといって、ずけずけと厚かましく言えば、相手も懸念してしまいます。
null駆け引きというのは、そのところが大事なのです。
相手も商売している側であり、営業マンです。
互いの線引きラインというものは決めているはずです。
ゆえに、その駆け引きを成立させるには、購入する側も線引きが大事ということです。
お蔭で、かなり金額を引いてもらいました。

東京トヨペットのアルファードの中古車のオススメはコチラ