中古車買取はディーラー下取りとの比較

愛車を買い替える場合、その愛車を引き取ってもらう場所は主に2つあります。
一つは中古車買取専門店を利用する方法です。
そしてもう一つは新しく車を買おうとしているディーラーを利用する方法です。

前者を利用する場合、「買取」と言います。
後者を利用する場合、「下取り」と言います。
どちらも同じような事をしていますが、呼び方が違うの以外にも、違いがあります。

車を査定してもらい値段をつけてもらうのはどちらに関しても同じ事です。
ただ、中古車買取の場合はその買取の場合、現金を渡されるか、銀行振り込みという形になります。
(愛車と引き換えに現金を渡されるか、それとも後日指定した口座に振り込まれるかは、その業者によって違います。)
つまり、簡単に言えば現金のやり取りがそこにはある、という事になります。

ですが、ディーラーに下取りをしてもらう場合はそうではありません。
実際に下取りをしてもらう場合、現金のやり取りはありません。
下取り価格分を現金で渡されるのではなく、その分は車の買取価格から値引きされる、という形になります。

また、ディーラーでの下取りよりも、中古車買取専門店で買い取って貰う方が高く買い取ってもらえる事もあります。
さらに、買い取り強化月間とかがあって、特定の車種に関しては普段よりも高く買い取ってもらえるキャンペーンを開催している場合もあります。
実際に愛車を買い取って貰おうとする時は、なるべく高く買い取ってもらえるようにするためにも、ディーラーでの下取り価格と中古車買取専門店での買取価格を比較するのが重要です。
また、買取強化月間かどうか、そしてその車種に当てはまっているかなどをしっかりと愛車を手放す前には調べておく必要があります。

さらに、中古車買取専門店を利用する場合は、どこのメーカーの車でも同じように査定してもらえて、高く買い取ってもらえたりします。
ですが、ディーラーの場合はそうではなく、別メーカーの車の場合はどうしても同じメーカーの車に比べると安い下取り価格となる傾向にあります。